1. Home
  2. Blog
  3. ロサンゼルスで車を購入する

DAVID
ロサンゼルス最大規模の語学学校でマネージャー、日本を含む留学会社とのやりとりも含め約12年間勤務後に2012年に日本へ帰国。留学の問題点を改善する為に日本でLIAZOを立ち上げました!

ロサンゼルスで車を購入する


ロサンゼルスは基本的には車社会です。短期留学なら交通の便が良い地域に住んで車なしでも生活できますが、長期での滞在を考えると車を購入しようかと考える留学生が多いです。

ロサンゼルスでは車の個人売買が活発で、中古車ディーラー等から購入するよりも安いのです。しかし、車にある程度詳しい人と一緒でないと壊れる寸前の様な車や、欠陥だらけの車を格安で購入したものの修理代等で結局高いお金がついてしまった!なんてこともよくあります。

車に詳しい!もしくは車に詳しい人が一緒に車を探してくれる!という状況でない場合には少し高くても中古車ディーラーで購入することをおすすめします。ディーラーですと半年や1年間の保証期間がついている場合があるので万一なにか不備があった場合には保証されるので安心です。




とりあえず格好とか気にせずに通学等で使いたい!という方であればカローラやシビックの様なコンパクトな車が人気です。特に日本車は古い車でも丈夫なので人気です。最低でも$3000以上の車を購入した方が良いと言われています。実際、$1000とか$2000ぐらいで車を購入した人は常に何かしらの問題を抱えていて直すのに高額な修理費がかかってしまったり、我慢して直さない!といった強者もいます。

また購入する時には売却することも想定してみるもいいと思います。日本車は古くてもなかなか値段が落ちないということは自分も日本車にのって1年後に売却するとして、$5000で購入したものが問題なく運転してメンテナンスも怠らなければ、1年後に$4000で売却!という可能性もあります。そうすると$1000で車をレンタルできた!と思うとそんなに高くはない気持ちになれますよね。(保険等の金額は考慮してませんが。)

車を購入する時にはとにかく一度、学校のスタッフや現地に長い人に相談してから決める様にしましょう。