1. Home
  2. Blog
  3. リノベーションまっただ中ドジャースタジアムは隠れ夜景スポット

TAK
スポーツビジネス業務の傍ら、アメリカ・特に西海岸でのスポーツ観戦の楽しさ・開放感に惹かれ各地のスタジアムに足を運ぶ。まずは手始めとしてメジャーリーグ「西地区」全ての球場を制覇。

リノベーションまっただ中
ドジャースタジアムは隠れ夜景スポット


こんにちは。TAKです。

今回はメジャーリーグ(野球)のロサンゼルス・ドジャースの試合が行われるドジャースタジアムをご紹介します。
かつては野茂英雄さんが大活躍した舞台として、日本のファンにもなじみ深いですね。


真昼のデーゲームはまるで古き良き時代にトリップしたよう

開場は1962年と歴史のあるスタジアムですが、2012年冬から2013年春にかけてスタジアム史上最大といわれるリニューアルが行われました。最新の電光掲示板や音響設備を活かして、選手が打席に入る時にはハリウッドのお膝元らしいより華やかな演出になりました。ドジャースにはオフィシャルDJの方がいるのでBGMの選曲もバッチリです。

2013年シーズンはチームの強さもあいまって、メジャーリーグの30球場の中で最多の観客動員数が集まりました。


リニューアルした電光掲示板

ちなみに、ドジャースからの公式発表を見ていると「リニューアル」ではなく「リノベーション」や「アップグレード」という表現を使うあたりがなんだかニクいです。そしてこの「リノベーション」の第2段階がまさに今(2014年3月現在)進行中です。

ドジャースタジアムのブルペン(ピッチャーが投球練習をする場所)の上は吹き抜けの通路になっていて、先にはグラウンドの広がる隠れ名スポット。ここに気軽に飲食を楽しみながらブルペンやグラウンドを眺められるデッキが設置予定です。


この手前にデッキが出来る予定

そして、ドジャースタジアムの特徴ともいえる三つの階に分かれている内野席。それぞれの階を行ったり来たりすることが出来ず、その階のゲートを探すだけでも一苦労だった点を改善。どの階にも移動出来るゲートを設置される予定だとか。


このようなゲートが球場各所に点在

ちなみに、これらの階は低い階ほど値段が高い席です。下の階ではハリウッドセレブが観戦に訪れたり、エグゼクティブ達が肩を組んで写真を撮っている一方、上の階ではファン同士がケンカし警官が出動する...ということがしょっちゅうあります。


三つの階に分かれる内野席

このスタジアムへのアクセスとしてダウンタウンからのシャトルバスもありますが、ほとんどのファンはマイカーで来場しています。スタジアムの周りにはスタジアムより大きい駐車場が広がっていて、この駐車場に入る・出るだけでもそれぞれ1時間以上かかる心づもりが必要です。
しかし、スタジアムがダウンタウンそばの丘の上にあるため、夜になるとこの駐車場は夜景スポットに変貌して楽しませてくれます。

写真では伝えきれないのが残念な綺麗さと開放感

ロサンゼルスらしい、あまり高い建物も目立たない広大な平地の中にダウンタウンの高層ビル街の一角だけ煌々と光る景色。
地元のファンと試合の応援で盛り上がった帰り、この景色を見るときっと「ロサンゼルスに来たんだな」という実感も深まりますよ。

ドジャース公式サイト: dodgers.com