1. Home
  2. Blog
  3. ロサンゼルスのメジャーリーグ2球団、どっちを応援する?

TAK
スポーツビジネス業務の傍ら、アメリカ・特に西海岸でのスポーツ観戦の楽しさ・開放感に惹かれ各地のスタジアムに足を運ぶ。まずは手始めとしてメジャーリーグ「西地区」全ての球場を制覇。

ロサンゼルスのメジャーリーグ2球団、どっちを応援する?


こんにちは。TAKです。

僕からは、ロサンゼルスでの「スポーツ観戦の楽しみ方」を紹介していきます。

野球・メジャーリーグ(以下MLB)には「ロサンゼルス」の名を冠したチームがロサンゼルス・ドジャース(ナショナルリーグ西地区所属)とロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム(アメリカンリーグ西地区所属)の2つあります。

どっちを応援すれば良い?と悩んだ時の為に、それぞれの特徴を紹介します。もちろん、どっちも応援するという選択肢もアリです!

まずは現地で観戦してきて感じた両チームの持つ雰囲気を、紹介してみますね。

ドジャースのホームスタジアムは、ロサンゼルスのダウンタウン近くの丘の上にあるドジャー・スタジアム。




ハリウッドも、あまり治安の良くないダウンタウンも、10〜20分程度。その為か、球場にはロサンゼルスの華やかさも、危険な香りも全て飲み込んだような雰囲気。いかにも「ロサンゼルス」な球団という印象です。球場に行く時のBGMは、R&Bやヒップホップがなんだか似合います。

チームカラーは、強い昼間の日差しや夕焼けにも映えるブルー(ドジャーブルー)です。



エンゼルスのホームスタジアムは、ダウンタウンから車で30分〜2時間強(渋滞によって大きく変わります)のオレンジ郡アナハイムにあるエンゼル・スタジアム。



オレンジ郡は”Orange County”、つまりドラマ”The OC”の舞台ともなった”OC”のことです。そして、同じアナハイム市内にはディズニーリゾートもあります。

こんなエリアにある球場では、入口で大きな選手の写真やヘルメットのオブジェがお出迎え。どことなく観光地の雰囲気です。こちらは言うならば「カリフォルニア」なイメージの球団です。球場に行く時のBGMは、カラッとしたカントリーロックが似合います。



チームカラーは、老若男女親しみやすく、暖かみのある赤です。

歴史を振り返っても、ドジャースは1958年シーズンにニューヨーク・ブルックリンからロサンゼルスに移転してから「ロサンゼルス・ドジャース」の名を変わらず使用。

エンゼルスは1961年シーズンに「ロサンゼルス・エンゼルス」として登場してから、「カリフォルニア・エンゼルス」「アナハイム・エンゼルス」「ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム」とチーム名を変えてきましたが、「カリフォルニア・エンゼルス」を名乗っていた期間が一番長いのです。再び、「ロサンゼルス」を名乗ったのは、この地名をつけると球団の価値がアップするからだそう。

このように、なかなか対照的な2つのチーム。どちらが何となく気になりますか?

これから両チームの応援や観戦の方法をお伝えしていくので、お楽しみに!